2010年01月26日

指揮権発動、法相一転「介入の意思ない」(読売新聞)

 千葉法相は22日の閣議後の記者会見で、民主党内で今国会提出を求める意見が出ている容疑者取り調べの録音・録画(可視化)を義務づける法案について、議員立法ではなく政府提出が望ましいとの考えを示した。

 提出時期に関しては、昨年10月に設置した法務省の勉強会で論点整理を行っていることを踏まえ、「この国会で(提出)というところまで整理がつくかどうかと(疑問に)思っている」と述べ、今国会は難しいとの認識を示した。

 一方、法相による検事総長に対する指揮権発動について、千葉法相は一般論とした上で、「私が特段に(捜査に)政治的な介入をしようという意思はない」と慎重な考えを明らかにした。法相は19日の記者会見で、「一般論としては指揮権を発動することはある」と発言していた。

夜中に「バーン」水道管破裂、周辺は浸水・避難(読売新聞)
ゲーム喫茶60万円強盗、3容疑者逮捕 車ナンバーでアシ(産経新聞)
<民放連>総務相の「関係者」報道批判に会長が「疑問」(毎日新聞)
日本関係船の海賊被害半減=ソマリア沖海自護衛が一定効果(時事通信)
4歳長男を虐待、遺棄の母親に懲役6年(産経新聞)
posted by シンタニ サカキ at 06:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。