2010年06月18日

小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還(産経新聞)

 ■太陽系の“原点”探るデータ期待

 7年前に宇宙へ飛び立った小惑星探査機「はやぶさ」が13日、地球へ帰ってくる。原始太陽系の姿をとどめているとされる小惑星「イトカワ」へ軟着陸し、世界で初めて土壌採取と回収に挑んだ。

 はやぶさは打ち上げ以来、エンジン故障や通信途絶など数々のトラブルに見舞われ、その都度不死鳥のごとくよみがえってきた。その機体を開発し、運用管制を続けてきたのが宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)だ。

 イトカワの名称の由来となった日本の宇宙開発の父、故糸川英夫博士の流れをくむ宇宙科学研究の牙城。緑に覆われた敷地内には研究棟や管制室、機器の実験棟などがあり、多くの人が訪れる研究・管理棟ではひときわ目立つはやぶさの実物大模型が出迎える。

 はやぶさは13日夜、土壌サンプルが入っている可能性があるカプセルを機体から分離する。カプセルは大気圏再突入後、豪州の砂漠地帯に軟着陸する予定だ。

 カプセルの開封も同研究所で行う。分析を担当する藤村彰夫・JAXA教授(62)は「このようなチャンスを与えられてとても幸せ。世界に誇れるデータを出したい」と、到着を待ちかまえている。(科学部 小野晋史)

【関連記事】
はやぶさ帰還 不撓不屈みせた宇宙の旅
宇宙産業 輝き出す星 「あかつき」成功、高まる評価
日本の宇宙開発 正念場はこれからだ
「地球衝突回避せよ」 露が小惑星対策協議へ
探査機「はやぶさ」帰還ピンチ 残るエンジンは1基に

相撲協会 複数力士が「野球賭博した」…調査に自己申告(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「チン、トントン」…優雅に時刻む「太鼓時計」復元(毎日新聞)
名簿業者から購入、9千人データ振り込めに悪用(読売新聞)
高校無償化の国交付金、愛媛では1億円足りず(読売新聞)
アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
posted by シンタニ サカキ at 13:10| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。